株式会社アイフォスター

明治大学から生まれた大学発ベンチャー企業、株式会社アイ・フォスター。大学の知的財産を社会に還元し、ライフ・ワーク・バランスによる小子化問題の解決や次世代育成の仕組み作りをなど、社会の発展を考えていきます。

Home > 会社情報 > ニュース

会社情報

ニュース

1月11日
大船渡でのクリスマスツリー大ビンゴ大会

アイ・フォスターが委託を受けて設置した大船渡市の明治大学クリスマスツリーの前で、クリスマスツリー大ビンゴ大会が実施されました。
実施日時は2011年12月25日です。14:30の開場で16:00から開始されました。
スタッフは、明治大学法学部阪井和男教授、明治大学生4名(法学部2名、文学部1名、農学部1名)、NTTPC 1名、情報通信総合研究所2名、佐藤寧大船渡市議、遠野まごころネット14名の方々でした。


被災地である岩手県大船渡市に立てた明治大学巨大クリスマスツリーはそれまで真っ暗だった浸水地域を静かなブルーで照らし被災地の人々の心を癒すことに大きく貢献してきました。そのツリーを灯す最終日のクリスマスに被災地の方々に楽しんでもらおうとビンゴ大会が企画されました。

プレゼントはフェイスブックを使って呼びかけたところ全国から120個も集まったそうです。Nintendo3DSやPSPなど豪華な景品も集まりました。協力してくれた学生たちと一緒に1500枚のチラシを一軒一軒「メリークリスマス」と囁きながら仮設住宅に配ったのです。


開始時にはツリーを中心に集まった車の数が約150台、配布したビンゴカードの数は382枚という大イベントとなりました。車に乗ったままで暖かく楽しんでもらおうとFM送信機を用意しましたが、準備不足でなかなか聞き取れなくって結果多くの方が外に出てきて、1個読み上げるたびに大きな歓声が上がり白熱した空気に会場が包まれました。

遠野まごころネットのボランティアの方々がサンタクロースの格好でプレゼンテータをして盛り上げてくれました。
大喜びしてくれた人。最後まで当たらなくてビンゴカードをひねって悔しがった人。それぞれの喜怒哀楽が溢れていました。本当にプレゼントしたかったのは、「楽しみ」だったのです。仮設住宅には毎日のように「物」が運ばれてきています。そのような状況だからこそ、勝ち取る喜び、負ける悔しさをプレゼントしたかったのです。被災地の皆さんのお気持ちの「復興」のために!


写真
https://picasaweb.google.com/107375290017994323031/ktoOp?authkey=Gv1sRgCJin9J7MybWNCw#


トップ