株式会社アイフォスター

明治大学から生まれた大学発ベンチャー企業、株式会社アイ・フォスター。大学の知的財産を社会に還元し、ライフ・ワーク・バランスによる小子化問題の解決や次世代育成の仕組み作りをなど、社会の発展を考えていきます。

Home > 会社情報 > ニュース

会社情報

ニュース

7月29日
明大震災復興支援センター、水野ゼミ産生酒をボランティアグループに提供

 7月24日(日)、浦安ボランティア活動拠点にて、宮城県石巻市支援を行っている浦安市民グループ「心をつなごう 浦安KS-渡波RO」に日本酒が贈呈されました。明大商学部水野ゼミの活動で作られた日本酒で、群馬県嬬恋村で稲を育て、それを隣町の浅間酒造さんで醸造いただいたもので、「水恋(すいれん)」と名付けられました。
 しかし、そのうちの数本が倉庫に眠っていたままになっており、生酒のため、もう飲むことができなくなっていました。処分されることをひたすら待つのみのお酒でしたが、そこに6月に浦安に設置された震災復興支援センター浦安ボランティア拠点に、「心をつなごう 浦安KS-渡波RO」より協力依頼の要請が来ました。


 現在、東北被災地ではハエの大量発生が大きな問題になっています。宮城県石巻市の渡波(わたのは)でも例外ではなく、その駆除にお酒が適しているということで今回の贈呈が決まりました。お酒と酢を適量混ぜて、ペットボトルに入れておくと、数時間でペットボトルが一杯になるほどのハエが取れるのです。明治大学で田植えから作ったお酒がハエの駆除に役立ち、現地の方のお役に立て、本当にありがたいばかりです。

トップ