株式会社アイフォスター

明治大学から生まれた大学発ベンチャー企業、株式会社アイ・フォスター。大学の知的財産を社会に還元し、ライフ・ワーク・バランスによる小子化問題の解決や次世代育成の仕組み作りをなど、社会の発展を考えていきます。

Home > 会社情報 > ニュース

会社情報

ニュース

6月22日
明治大学震災復興支援センター浦安拠点、活動開始!

 水野が推進してきた明治大学の震災復興支援センター浦安拠点のプロジェクトが始まりました。

 6月5日にオープニングセレモニーをして始まった本プロジェクトですが、11日(土)、12日(日)、18日(土)、19日(日)の9:30~12:00に、被災地支援マルシェ(販売会)が行われました。これは、水野が東北被災地を飛び回り、被害にあったメーカーの方々や自治体の担当者の方々と会ってきて、地元産品の販売をお手伝いさせていただくことになったもので、水野の指揮のもと、拠点に隣接する木田屋スーパー今川店(K-Fresh)の店頭で明治大学生が元気に販売を行っていました。

 第一弾の今回は福島県郡山市と岩手県釜石市からの物産販売で、JA郡山のお米や、郡山産米「あさか舞」を練り込んだ生ラーメンの他、工場の再建に励む釜石市の製菓メーカーのお菓子等、被災地商品の購入を呼びかけました。

 来店した方々からは「東北出身者としてマルシェを応援したい。今後、品数が増えていくことを期待したい」「身近なところで被災地を応援できてうれしい。今後も続けて欲しい」等の声をいただきました。

 

 また、御茶ノ水の明治大学でのマルシェも18日(土)に開催されました。、これは父母会総会の開催に合わせて開かれたもので、多くの学生の御両親様に御協力いただき、お買い上げいただきました。こちらの売り上げの10%は明治大学被災学生支援義援金に寄付されます。7月2日(土)、9日(土)も11時より同じくアカデミーコモン2Fで開催いたします。

 

 学生からは「何かしたいという思いをボランティア講座で実践に移すことができた。今後は、ボランティアを通じて“社会に役立つ”ことの意味を学んでいきたい」と語ってくれました。

 

 順調なスタートを切ったサポートマルシェ。いずれのマルシェも売れ行きは好調で、この活動を続けていくことで少しでも被災地の支援になれば幸いです。NHKや日経新聞、読売新聞、地元新聞等々、多くの主要メディアにも取材していただいており、今後ますます活発にやって行く予定です。今後も毎週土日は浦安で開催していきます。

本プロジェクトに関する詳細はコチラ

●浦安拠点マルシェ概要
日時:毎週土日 9:30-12:00
場所:浦安市木田屋スーパー今川店前(K-Fresh)
     浦安拠点の裏手です(浦安市今川1-13-15)
内容 東北被災地や浦安の商品を販売

トップ